貧乏だけど車が欲しい

自分が貧乏だと思っているけれど車が欲しいという時、購入は簡単ではありません。現金一括でポンと変えるならともかく、一般的にはマイカーローンを検討すると思います。ローンなら毎月コツコツとお金を払いながら車に乗れます。

 

しかし、貧乏なのにローンを組んでいいのか、お金のやり繰りは大丈夫かという問題もあります。車を購入する時のお金の問題と、その解決策をまとめました。

 

マイカーローンを使って車を買う

 

ローンには金利手数料が乗っかる

マイカーローンで車を購入する時、今は頭金なしでローンを組む人も珍しくなくなりました。フルローンなら頭金を用意する必要がないので、より手軽に車が手に入ります。しかし、マイカーローンには金利手数料が乗っかるという点には注意が必要です。

 

無理なく支払っていきたいけれど、余計な金利手数料は省きたい所です。その為には低金利なマイカーローンを利用するという方法や、返済期間を短くするなどの方法が有効です。毎月の支払額が少ないと金利手数料が長くかかるので、余計にお金を払う羽目になってしまいます。
金利について詳しくはhttp://xn--ecko5mkc4a4cb7261jdgyc.jp/info/kinri.html

 

支払いはローンだけではない

金利手数料の負担を考えると、毎月の支払額を多めにとった方が、支払総額を抑えられます。しかし、ここで注意したいのがローン以外の支出です。車を購入すると、車両本体価格以外にも様々な費用が発生します。

 

ざっと上げるだけでもガソリン代、車検代や修理費用、税金などがかかります。保険料に駐車場もお金がかかります。もしも毎月のローン支払額を多めにしすぎると、維持費が賄えなくなってしまう可能性があります。

 

駐車場やガソリン代、保険料などは毎月の費用の予測が立てやすいですが、税金や車検はまとまったお金が必要になりますし、修理費用はいつ発生するかわかりません。ローン支払額だけでなく、これらの費用も考えて支払い可能かどうかを考える必要があります。

 

車両価格の低い中古車の欠点とは

お金の負担を抑えつつ車を購入するなら、車両本体価格も重要です。当たり前ですがグレードの高い車となると車両本体価格も上がりますし維持費もかかってきます。費用を抑えたいなら中古車を選択するという方法もありますが、中古車にはいくつかの欠点もあります。

 

中古車の場合、本体価格が安いかわりに修理費用などの維持費が高くなる傾向があります。また、もしもまた新しい車に乗り換える場合、新車と比べて買取価格は低い点も覚悟しなければなりません。

 

そして中古車をマイカーローンで購入する場合、新車と比べて金利が高い傾向にあります。本体価格が安いからと中古車を選んでも、維持費や金利手数料が高くついてしまう可能性が有るので注意が必要です。

 

マイカーローンは銀行がお勧めの理由

お金の負担を考えると、車の購入は考えるべきポイントもいくつかあります。それらの問題について考えた時、マイカーローンは銀行がお勧めです。マイカーローンを販売店の斡旋するディーラーローンで任せてしまう人もいますが、銀行のマイカーローンにはいくつかのメリットがあります。

 

銀行のマイカーローンはディーラーローンと比べて低金利で借りられます。単純に金利が低いので、それだけで金利手数料を大幅に抑えられます。毎月の支払額を増やせば金利手数料は抑えられますが、維持費などの負担も考えると辛い所があります。銀行のマイカーローンなら無理のない返済のまま金利手数料を抑えられます。

 

また、銀行のマイカーローンの金利は、新車でも中古車でも同一金利が適用されます。車両本体価格の低い中古車でも低金利でローンが組めます。

 

そして、銀行のマイカーローンなら頭金は不要でローンが組めます。借入の金額が自由なので、必要な金額だけ借りられます。

 

おすすめとされるマイカーローン情報http://www.mycarloan-rate.jp/を見ても分かるように、以上の理由から銀行で借りるマイカーローンが優れているとされています。

 

やはり新車でも中古車でも、またはその他の費用としてでも金利を低くして返済負担を抑えて借りられるのは大きな利点となるため、マイカーローンの利用を考えるなら銀行の低金利マイカーローンからチェックです。